2016年4月18日         

神は、誰を救われるのだろう?

  

彼らは、神のことばに逆らい、

いと高き方のさとしを侮ったのである。

それゆえ主は苦役をもって彼らの心を低くされた。

彼らはよろけたが、だれも助けなかった。

この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、

主は彼らを苦悩から救われた。

107篇11-13節

 

神は、いったい誰を救われるのだろうか? この詩篇の作者は、聖霊が教えた真実を次のように伝えています。「神は、神のことばに逆らっていた者、神のさとし(教え)を馬鹿にしていた者たちを救われた。」とあります。

 

しかし、神に逆らっていたままでは、神のもとに来ることはできません。たとえば、人間同士でも、反発し続けたままで助けを求めることはできません。反発を止めてUターンして、その相手に近づいて行く以外に、助けを求める道はないのです。

神の動機は100%愛!

                       

神は、みこころのままに、

私たちをイエス・キリストによって、

ご自分の子にしようと、

愛をもってあらかじめ定められたのです。

エペソ1章6節

  

だれでも一度は、祈ったことがあるのではないでしょうか。困ったときに、「だれか!助けて!」という思いを持ったことがあるはずです。その思いを、神に向ければ祈りになります。

 

しかし、信頼できない人に、頼みごとはしにくいものです。 

神はキリストにあって、

天にあるすべての霊的祝福をもって

私たちを祝福してくださいました。


エペソ人への手紙1章3節

 

〝神は、キリストだけが理由で、あなたと私を祝福してくださる〟と、聖書は宣言しています。私たちは、キリストの中にあって、神の祝福を豊かに受けることができるのです。


逆に、神から祝福される要因をキリスト以外に見つけることはできません。つまり、私とあなたの内側に神から祝福される要因を捜しても、見つけることはできないのです。